実質0円のからくり

このページでは、会社設立手続きを実質0円でご依頼できるからくりについてご案内したいと思います。


定款に貼る収入印紙代が0円

通常は、書面で定款を作成すると40,000 印紙税がかかりますので、収入印紙40,000円分を書面で作成した定款に貼らなければなりません。
しかし、司法書士が、電子文書(PDFファイル)で作成し、公証役場へ電子認証を行えば、収入印紙を貼らなくて済みます。
ここに、実質0円プランのからくりがあります。
お客様自身で会社を設立した場合、司法書士に依頼するよりも、実費が40,000円多くかかってしまいます。
そこで、当事務所では、手数料(報酬)を40,000円に設定することによって、実質0円プランを実現しました。



法務局に行く必要がない

お客様自身で、会社設立を行う場合、最低でも法務局へ3回は行かなければなりません。
内訳は、相談で1回登記申請で1回登記完了後に1回となります。
さらに、登記申請書類に不備があった場合には、何度も法務局に行かなければなりません。
しかし、司法書士であれば、登記を電子で申請することができますので、法務局に行く必要がありません。
また、登記完了後の会社謄本(履歴事項全部証明書)、印鑑カード及び印鑑証明書なども郵送でスムーズに取得できます。
したがって、お客様自身で行う場合、司法書士に依頼するより、多くの交通実費郵送実費がかかります。
また、会社設立に係る書籍を購入したりすると、結果的に割高になってしまいます。




電子申請で会社謄本を安く取得できる

会社設立登記が完了すると、法務局で登記された内容を証明する会社謄本(履歴事項全部証明書)を取得するのですが、司法書士であれば、電子申請で取得することによって、お客様自身で取得するよりも、安く取得できます。



まとめ

司法書士に依頼するれば、定款の収入印紙代、交通実費、郵送実費などが安く済みます。
また、会社設立に係る書籍購入費などもかかりません。
会社を設立するのは、あくまでも会社経営の第1歩ですので、そこに、多くの時間をかけるべきではないと思います。
当事務所の実質0円プランで、手間をかけずに会社を設立し、設立後の会社経営に尽力していただけたら幸いです。

▲このページのトップに戻る