解散・清算結了(廃業)について

  安心の定額制・格安料金の詳細はこちら
 

  ご相談はこちら 

 

解散とは、会社の営業活動を終了し、清算会社になることいいます。

会社は、株主総会の決議によって、解散する事例がほとんどです。

その他原因として、定款で定めた解散事由の発生や定款で定めた存続期間の満了などによっても解散しますが、例外的なケースです。
会社は解散によって消滅するのはなく、営業活動を終了し、債権・債務などの清算手続きに入ります。解散する株主総会では、清算事務を行う清算人の選任も行います。
また、解散によって、取締役は退任することになります。

解散日から2週間以内に、管轄法務局で解散及び清算人選任の登記を行います。
解散日以降、会社は清算会社となり、清算を行う目的でのみ存続することになります。

 

清算結了とは会社が完全に消滅することいいます。

債権・債務をゼロする清算手続きが終わったら、清算人は決算報告書を作成し、株主総会の承認を得ます。これによって、会社が完全に消滅します

清算結了の株主総会の決議日から2週間以内に清算結了の登記を申請し、その登記が完了すれば、会社の登記簿は閉鎖され、閉鎖事項全部証明書を取得することができます。

なお、解散日から清算結了日は、法律上最短でも2か月間は必要です。

 

 

▲このページのトップに戻る