会社設立のメリット・デメリット

このページでは、会社設立(法人化)のメリット・デメリットについてご案内致します。


メリット

役員報酬をもらう形式になるため、給与所得控除で所得税・住民税を節税できる。

資本金1,000万円未満の場合、会社設立後、2年間は消費税が免税となる。

業務に従事する親族に役員報酬を支払って経費にできる。

損失の繰越控除期間が長い。

取引先、銀行等からの社会的信用が高まる。

決算期を自由に決めることができる。

 

 
メリット

設立登記費用が、実費だけで242,000円ぐらいかかる。

法人税は、所得税よりも複雑(税理士の必要性が増す)。

取締役等に変更が生じた場合、変更登記が必要になるため登記費用がかかる。

社会保険の加入義務の規定が厳しい。

交際費として認められる範囲が厳しい。

▲このページのトップに戻る