会社設立手続きの流れ

このページでは、会社設立手続きの流れについてご案内致します。

 

STEP1

会社の基本事項(概要)の決定

出資者(発起人)、役員、商号、本店所在地、事業目的、決算期、資本金などの会社概要を決めます。

STEP2

会社実印の作成

会社の商号が決まったら、会社の実印を作成します。
特に、こだわらなければ、ハンコ屋さんで3,000円ぐらいで作成できます。通販でも安く購入できます。
印鑑届出書をいう書類に会社実印を押印し、それを法務局に提出することによって、会社設立後、法務局で印鑑証明書を取得することができます。


STEP3

定款の作成および認証

定款とは、人に例えると履歴書のようなものです。
会社の商号、本店、目的など重要な事項を決めた書類のことです。
この定款を作成し、公証役場で認証してもらいます。
費用は、印紙税40,000円+公証人費用52,000円がかかりますが、司法書士に依頼すると、印紙税40,000円がかかりません。

詳細は、実質0円のからくりへ



STEP4 資本金(出資金)の払込み

定款で決めた資本金(出資金)を 出資者名義の銀行口座へ払込みます。
預金を一旦引き出して預入れでも平気です。ただし、払込み又は預入れの日付は、必ず、定款認証後の日付でなければなりません。


払込の流れ以下のとおりです。

@資本金を出資者名義の銀行口座に振り込む  
A通帳の表紙、口座名義人、支店名、払込金額が分かるページのコピーを取る。
B払込証明書と上記のコピーをホチキスでとじる。
C払込証明書と通帳の各ページに会社代表印で割印をする。 





STEP5 設立登記申請

設立登記を、本店所在地の管轄法務局へ申請します。これによって、会社は成立します。
2週間ほどで登記が完了しますので、完了後、法務局で、登記された内容を証明する会社謄本(履歴事項全部証明書)を取得します。その他、印鑑カード、印鑑証明書も一緒に取得します。

 

▲このページのトップに戻る